Categories ‐ News

2017年2月3日

[Works]大河ドラマ「おんな城主直虎」アートディレクションを担当しています。

2017年1月8日からオンエアのNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のオープニング映像、ポスター、駅貼り大型広告、サウンドトラック等のアートディレクションを、古屋遙が担当しています。01 2

 

[おんな城主直虎]

日曜日[総合]PM8:00〜[BSプレミアム]PM6:00〜

土曜日再放送[総合]PM1:05〜

 

■オープニング映像

04 2

11 2

14 2

その身を変えながらも、井伊家の血を絶やさぬよう奮闘した直虎と井伊家の生き様はあたかも植物のようであると感じ、「戦う花」をテーマに、植物のたくましさや生きるための本能にフォーカスしたオープニング映像を作りました。

ドラマ本編が進めば進むほど、見る側が違った解釈で楽しめるよう、象徴的でありつつも抽象的なオープニング映像を目指しました。

植物の生きる本能を知るために、花宇5代目を継ぐプラントハンター西畠清順さんに監修をご相談しました。

また題字は、古代文字をモチーフにした書道作品などを手掛けるMaaya Wakasugiさんにお願いしました。1000回書いてようやく、「直虎」が文字に降りてきたというMaayaさん。フランスから帰ってこられたMaayaさんが、1000回目に書かれた実物大の題字をチーフPの岡本さんと一緒に拝見した時に、その場で題字が決定しました。

■グラフィック・ポスター

城主になったばかりの井伊直虎を切り取りました。所作指導の橘先生の元、男性の城主としての佇まいをご指導いただき、男性の座所作であるあぐら姿の横絵と、背筋が伸び手仕草に決意が現れた正座姿の縦絵を切り取りました。「100年先を見つめて!100年先の井伊家を。」という所作の先生の言葉を聞いて、柴咲コウさんの表情がすっと変わりました。その瞬間をきりとったものです。直虎の花の掛け軸の前に堂々と佇む直虎の目には力強い決心と覚悟が宿っています。ポスター用縦と、ウェブ用横を製作しました。

001_size6

5f548e366f3bda69d82dab957499ebd1-1

 

■菅野ようこ「おんな城主直虎」(サウンドトラック)

ジャケットの企画・アートディレクションを担当しました。デザインはいつもお世話になっている中里恵さん。西畠清順さんと各花をどういう意味合いで選び、それらがどう直虎・井伊家の生き様と繋がるのかを想像するヒントを、冊子に散りばめました。菅野よう子さんと一緒に「音の図鑑を作ろう」と話し合い、できあがった”図鑑”です。ちなみに、一巻目の名前は、「イチトラ」です。

o0795071513817602805

 

■巨大ポスター広告

12末〜オンエア日まで、東京メトロ丸ノ内線新宿駅B1Fメトロプロムナードに掲示された巨大広告のディレクションを担当しました。スマホでフラッシュ撮影をすると目では見えなかったものがカメラに映るリフレクト印刷を起用しました。FullSizeRender_1

FullSizeRender_2

IMG_5321

 

一年間、大河を楽しむ皆様の想像力にお任せしたいので、また制作秘話や、裏側に潜んだメッセージなどは、時がきたらアップしようと思います!また、各スタッフリストはこの後WORKページにまとめる予定です。しばしお待ち下さい。

 

おんな城主直虎が、一年間どういう成長をとげていくのか、どういうドラマが待ち受けているのか、いち視聴者としても、楽しみに毎週見ています。

 

 

 


2017年1月6日

[Works]MOON WEEK HAKUTO needs “YOU”!開催中です。

15873224_1262475120513488_6197264337266084589_n

1月6日〜10日まで、日本橋三越にて開催中のイベント「MOON WEEK   HAKUTO needs “YOU”!」 のクリエイティブディレクションを担当しました。(具体的なイベント企画や空間構成・体験設計・スタッフィング・掲示情報の取材及び編集・ロゴデザイン)。空間デザイン・施工・美術製作はKuRoKo.Inc。

[イベント詳細]

月面探査の国際賞金レースに日本から唯一参加するHAKUTOを応援しよう!MOON WEEK HAKUTO needs “YOU”!

■HAKUTO代表袴田 武史氏トークショー
日時:1月8日(日)午後1時~、午後3時30分~ 各回15分18_2_s
場所:本館1階 中央ホール 入場料無料
※イベント内容は変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

 

■ローバー操縦体験

日時:1月7日(土)〜9日(月)18_3_s

 

 

 

[PLAN/DESIGN]15826154_10154063200496174_615893848502367327_n

plan/sketch by Haruka Furuya

「宇宙は夢でなく、現実である」というHAKUTOの皆さんの想いを表現すべく、宇宙の無機質な空気感のなかに白抜きの言葉が浮き立つ”黒”を貴重としたシンプルかつソリッドな世界観に仕上げました。月を表した中央のドームは砂場となっており、黒い面の中でひときわ白く浮き立つようにデザインされています。このドームでは、月面を走行するロボット(ローバー)の操縦体験に参加することが出来ます。周囲には、「情報」と、「想い」が表裏一体となったボックスを4つ作り、目指すべき月を取り囲むように配置。また、月の背面には、HAKUTOに協力しているパートナー企業の「情報」と「想い」を一面にまとめたボードを設置。

「想い」と「現実」が、月を中心に集ったような構成で、お客さんの「知る」「興味をもつ」「応援する」気持ちが育つ空間づくりを目指しました。

15825984_10154067501986174_6532991481745869474_n

 

15826715_10154067501971174_4210858479364687411_n

 

15894995_10154067502096174_1478003574472359749_n

 

15823452_10154067502046174_5200905919395245853_n

 

15826488_10154067501956174_2035883697159983731_n

 

15825866_10154067504851174_6043460772812916718_n

 

15873273_10154067502011174_5563599529933083364_n

 

15940738_10154067504861174_3164181633419381483_n

 

[Staff List]

企画:日本橋三越本店

クリエイティブディレクション・プロデュース・タイトルワーク(ロゴ)・体験設計・イベント企画・取材編集・:古屋遙

空間デザイン・設計:KuRoKo.Inc

 


2016年6月29日

[Works]M3-ミライ×三越×むすぶ『 ARTIST BOOKMARK展』終了しました。

日本橋三越本店 本館1階中央ホールにて開催していたグループ展 『ARTIST BOOKMARK展』が終了しました。企画及びクリエイティブディレクションを担当しました。

来年110年を迎える「三越の美術」が次世代を担う若手作家とコラボレーションする企画 M3-ミライ×三越×むすぶの一環として、 作家たちによる160点の新作発表にあわせて、作品の「まわりにあるもの」=作家の人となりや視点を、大きな本に例えて、展示しました。作品を飾らないアート展。中央ホールに並んだ本にはそれぞれ遊びが仕掛けられていて、作家とお客さまの新しい出会いを後押ししました。

沢山の方々にお越しいただき無事本展は終了しました。お越しいただいた皆様、有難うございました。またアーカイブは後程公開いたします!

13432331_10153552497076174_4333413622151946573_n

M3 —ミライ×三越×むすぶ—

『 A R T I S T B O O K M A R K 展  』
14人の作家との心ふるわす出会い

会期:6月29日(水)~7月5日(火)
会場:三越日本橋本店 本館6階美術特選画廊・アートスクエア/本館1階中央ホール
※美術特選画廊・アートスクエアは最終日 午後5時閉場 
※入場無料

●7/2 には参加作家によるトークショーも実施予定。(6F)(出演作家は未定)

【出品作家】
平面:青木成実、大沢拓也、大竹彩奈、大槻 透、川島 優、絹谷香菜子、中島健太、福島万里子
立体:澤田勇人、新里明士、額賀苑子、藤田朋一、牟田陽日、吉村茉莉
(50音順・敬称略)

13450754_10153552510411174_6864701881420254631_n-1

[ARTIST BOOKMARK展 とは?]

アートとお客さまの「心ふるわす出会い」を創出する。
それがARTIST BOOKMARK展の試みです。

ここに集められたのは、「作品」ではなく
「作品のまわりにあるもの」。

空間に並んだそれぞれの本には、
国内外のアートシーンにおいて注目をあつめる
14人の作家の「人となり」が
1ページにつき、一つだけ、表現されています。

作家の視点に立ってみたり、
作家の五感の一つを体験してみたり、
作家の日常を覗き見してみたり。

気になる作家と出会った後は、
ぜひ、6階の美術フロアへ。
作家たちの旬の作品と出会うことができます。

上巻(本館6階)・下巻(中央ホール)あわせて、
アートとの素敵な出会いをお楽しみください。

PR
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000257.000008372.html

ORICON
http://www.oricon.co.jp/pressrelease/35533/

JIJI.com
http://www.jiji.com/sp/article…

‪#‎M3AB展‬‪#‎日本橋三越本店‬‪#‎ART‬

13567476_10153564991876174_7473368536896748549_n


2016年4月14日

[News]SHIBUYA PARCO Last Dance_に登場しています。

d3639-329-428477-0

2019年秋(予定)に向けたリニューアルの為、今年8/7を最終営業に一時休業をする渋谷パルコ。箭内道彦さんがクリエイティブディレクションを、井上嗣也さんがアートディレクションを、渡辺潤平さんがコピーを担当されている「Last Dance_」キャンペーンに、パルコに思い入れの深い人として、インタヴューを掲載頂いています。クリエイティブディレクター箭内道彦さん、BEAMS青野賢一さん、リンダdadaさん、アートディレクター小杉幸一さん、コピーライター渡辺潤平さんと一緒に、渋谷パルコでの思い出や、メッセージを書いています。パルコ、特に渋谷パルコさんには、たくさんの思い出と出会いをいただきました。また数年後、出会える日まで、ありがとう、そして一度さようなら、渋谷パルコ!

Last Dance_|渋谷パルコ8.7sun 一度さよなら。スクリーンショット 2016-04-14 17.54.39

[関連記事]

【お知らせ】渋谷パルコ 建替えのための一時休業のお知らせ -PARCO

「渋谷パルコ」建て替えで一時休業へ、パルコ劇場も8月で休館 -fashionsnap.com

渋谷パルコ、一時休業を発表 パルコ劇場も休館-modelpress


2016年4月7日

[Works]2016 PARCO SWIM DRESSキャンペーンが始まりました。

パルコの夏の広告キャンペーン PARCO SWIM DRESS | 水の星に、生まれた。が、3/30(水)よりスタートしました。浮き輪や水着といった夏の風物詩たちが、夏以外の時期に一体どこに潜んでいるのか、という疑問から、彼らは同じ「水の星」に住まう家族なのではないかという設定を作り、「水の星に、生まれた。」のコピーと共に、メインビジュアル(ポスター)・映像・Webを展開しています。キャンペーンモデルとして女優・タレントの佐野ひなこさんに出演していただきました。パルコ全館のポスター及びサイネージ上の映像としてあちらこちらに登場します。わくわくした夏気分で、パルコで楽しくお買い物をしていただけたらと願っています。

36bbabc9b755fa92d8f54dd6326d3279-1024x723poster01スクリーンショット 2016-04-06 2.16.23スクリーンショット 2016-04-06 2.16.32スクリーンショット 2016-04-06 2.15.25

今回私はコンセプトメイキングや企画含めたクリエイティブディレクション及びデザイン・ロゴ製作といったアートディレクション・映像編集を担当しています。詳しいスタッフリストなどは下記ページをご覧ください。

【2016 PARCO SWIM DRESS】キャンペーンモデルが佐野ひなこに決定!

 スクリーンショット 2016-04-06 2.16.46

 △映像はこちらから!


2016年4月7日

[News]2016 PARCO SWIM DRESS記者会見に登壇しました。

3/20(水)2.5Dにて行われたPARCO SWIM DRESSキャンペーンのローンチ記者会見に、キャンペーンモデルの佐野ひなこさんと共に惑星ハルボリズムが登壇しました。クリエイティブディレクション・アートディレクションを担当したメインビジュアルとCMの発表を行い、その後佐野さんとのトークタイムで、制作の裏側やコンセプトなどお話をしました。キャンペーンは、夏まで続き、その間パルコ全館でメインビジュアルや映像をご覧いただけます。是非見つけてみてください!:)

e271d698a92be5b6d5e366f1283e1eb4

2.5Dのツイッターに、佐野ひなこちゃんとパルコアラとの3ショットをアップしていただいたよ!佐野ひなこさんは明るくてどこか敵わないなっという強さがある素敵な女優さんだとおもいました。ありがとうございました。🍍🍍🍍スクリーンショット 2016-04-07 16.24.04


2016年3月24日

[WORKS]スワリの森のイスが各所展示されています。

TOKYO MIDTOWNのDESIGNTOUCH2014でクリエイティブディレクション・アートディレクションを担当させていただいた「スワリの森」。その科学のイスの一部が、各所に展示されているのでご紹介を!

12722765_10153358973516174_624505580_o

Photo from 奈良幼稚園 

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH| スワリの森 ‘The forest of chairs’

「大きな切り株の椅子」は、横浜にある奈良幼稚園様に寄贈させていただきました。樹齢2000年のジャイアントセコイアをモデルにした切り株イス、今日もたくさんの子供達に座ってもらっているようです。(わお、幸せもの!)スワリの森風に、周りに人工芝を敷いてくださりました。本当に素敵な幼稚園で、素敵なお人柄の園長さん、先生方の空気あってか、子どもたちもものすごくのびのびしています!(遊具などもほぼ手作りしているんだとか。)

スクリーンショット 2016-03-24 13.54.17

こーんな感じで日々訪れる子どもたちや、園児たちが、寝転んだり、よじ登ったりしながらくつろいでくれている様子。かわいい。最高です。

12874643_10153358973496174_1338569683_o

幼稚園の皆さんが、長期的な使用を検討して、切り株イスの内部構造を鉄骨に改造し、溶接までしてくださいました。溶接もできるDIY幼稚園、すごい!パワフル。

12900185_10153358973471174_827199185_n

また、「硬そうなのにやわらかいイス」と、「座ってあたためるイス」はNHK様の新設の展示スペースにて展示されています!

NHKの採用ページで、「硬そうなのにやわらかいイス」が登場しております。また「スワリの森」のプロデューサーをされていた現『デザインあ』のプロデューサー阿部さんが、記事の中でスワリの森について触れてくださっていますので要チェックです!

他のイスも今後展示予定が決まり次第お伝えしていきます。

 

 

 


2016年3月24日

[Event]アルスエレクトロニカ Post City @ Shibuya に登壇しました。

12805916_486919914826126_4795147502537090151_n

2015年9月に開催されたアルスエレクトロニカ・フェスティバル「POST CITY」のテーマを冠したイベントがリンツを初めて離れ、渋谷のfabcafeで開催されました。 

ポップアップ アルスエレクトロニカ
POST CITY @ Shibuya「もし、渋谷のスクランブル交差点が「広場」になったら?」

渋谷という街の未来をもっと良くする為のアイディアツールをテーマに、古屋遙が展示・プレゼンテーションに参加しました。

12141645_10153344266351174_770958257458030399_n

「渋谷に参加する」というお題を受け、渋谷の歴史をジャンルごとに分けて記した透明な年表「Pararell Chronology Tool Kit」(パラレル年表キット)の試作を作成し、展示を行いました。

今回つくったのは、日本鉄道渋谷駅の開業年 1885年→2050年までの歴史を記せる「過去・今・未来」を横断する年表。「交通」・「事件」・「象徴」・「種族」(キャラ・グッズ)・「絶滅」・「舞台」に分けて作成し、更に、参加者が好きなジャンルで作れる「白紙の年表」を含めた、計7枚の年表キットです。

各年表は透明なOHPシートに印刷されてあり、年表同士を重ねることで、各ジャンルの歴史がどう相互作用を起こして成り立っているか、「事象の関係性」を自分で発見・参照しながら、歴史や未来のシナリオライティングが出来るツールキットとなっています。

スクリーンショット 2016-03-24 13.06.36

スクリーンショット 2016-03-24 13.06.45スクリーンショット 2016-03-24 13.06.55

 

 

 

 

 

 

 スクリーンショット 2016-03-24 13.34.20スクリーンショット 2016-03-24 13.07.09スクリーンショット 2016-03-24 13.34.03

 

 

 

 

 

 

ここ数年、企業の新規事業や新しいプロダクトの企画やコンサル、広告業のプランニングに関わる中で、共通して「現在地点からの未来発想」で物事が語られている事に気づき、そこに過去への想像力や疑問視が加わることで、より視野の広い未来像を描けるのでは、と思いついたことが、年表を作りたいと思って発端です。

また各業界でイノベーションを起こそうと各企業が躍進されている中で、イノベーションとは点ではなく、業界を越境した相互作用の中で起こるものだと思い、「ジャンルを越境して歴史や未来を考える」という視点で物事を考えるための、ヒントにもなるのではないかと思いました。

スマートフォン1つとっても、何故今、この形態が文化となったのか、「テクノロジーの系譜」を辿って行くと、昭和時代に思い描いた「通信の未来」が最初は腕時計(つまりは時計という機能が主体であるものに、通信機能が付属したという発想)という形状で想像されていたものが、結果的には、携帯電話(通信機能が主体であるものに、時計機能が吸収された)という形状が先立って現れたことからも、テクノロジーの進化はあたかも、お互いの機能を吸収しあい、時には放棄しながら種を未来に残していく「生物の進化の過程」を見ているようだと気づき、それを1つの系譜学として可視化できるのでは、という発想も、この年表の試作に至った過程に含まれています。

更には、人間がしっぽを退化させて二足歩行に移行したように、「進化の裏側には退化がある」、ちょっと意味合いは違うかもしれませんが、種を生かすために個を殺すアポトーシス的な発想にもヒントを得られると思いました。テクノロジーやまちづくりの未来を考える上で、「退化していく部分」もパラレルに見ていけるといいのではないかと。

 

そういう意味で、「ジャンル」を、「進化」を、「退化」を、時系列に並べながらも、それを「面」としてパラレルに見ていく。歴史と未来を、視点でなく「視座」で見ていくという姿勢を、提案したいと思いました。

この年表は、よりツールキットとして使いやすい物にできるよう、今後もブラッシュアップをしていく予定です。

試作あるいはプロダクト化に興味がある方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡ください!

−−−−−−−−

イベント詳細

「「まち」(City)は、人類が生存のために創り出した最も成功したストラテジーであり、現在進行中の壮大な社会実験です。人はこれまで、「まち」での生活をより良くするために、その時代の先端テクノロジーを用いて、様々な生活手段、道具、サービスやシステムを生み出してきました。そして今、デジタル革命は新たなステージをもたらし、「まち」のシステムを大きく変容させています。「まち」で働き、「まち」を移動し、「まち」の様々なコミュニティに参加し、生きている私たちにとって、新たな「まち」(=「POST CITY」)の姿とは?新たな社会イノベーションの可能性とは?様々な「問い」が交錯する中、「POST CITY @ Shibuya」では、「まち」の姿をいち早く模索してきたトップランナーたちとのクロストークや、アーティストやイノベーターたちによる、「まち」をもっと良くするためのアイディア・ツール(=POST CITY Kit)の展示やディスカッションなどを通し、未来の姿を炙り出していきます。」(webサイトより抜粋)


2016年2月1日

[Media]ブレーン3月号「特集・いま一緒に仕事をしたいU35クリエイター」に掲載されています。

12645218_10153247803076174_8394860001289490279_n

いま一緒に仕事をしたいU35クリエイターにご紹介いただいてます。もしお近くで見かけましたら是非ご覧ください。

デジタルクリエイターの分野で紹介頂いていますが、実際はデジタル・アナログ関係なく価値や手法を仕組み、仕掛けから作る仕事をしています!今回は、ルミネ LIGHT ME CHRISTMASの件についてご紹介をさせていただきました。

座右の銘は「Think Imaginatively, Do Architecturally. (想像し、実装せよ。)」です。笑

今後も、演劇的な想像と創造のロジックを糧に、ファンタジーをどう社会に実装するか考えて、実践していきたいと思います。

宣伝会議様、取り上げて頂きありがとうございました。

 

 


2015年12月31日

[Media]装苑2月号「音楽を魅せるクリエイター達」特集にインタビューが掲載されています。

soenmag_201602-thumb-260xauto-6930

12月26日発売の「装苑」2月号に、古屋遙が演出を担当した 安室奈美恵「Birthday」ミュージックビデオに関するインタビューが掲載されています。「音楽を魅せるクリエイター達」ということで、演出する上での音楽と映像の関係について、「いかに見る側の「体験」として映像をデザインできるか」という点をお話させていただきました。お近くの書店やコンビニで見かけましたら是非手にとって御覧いただけたら嬉しいです!